社内恋愛が急減中?出会いの変化とは・・・|全国・ジャンル別 婚活パーティー検索サイト!セレクションパーティー

HOME > 婚活パーティーにお役立ち > > 社内恋愛が急減中?出会いの変化とは・・・

婚活パーティーにお役立ち
2021年03月12日

社内恋愛が急減中?出会いの変化とは・・・

ひと昔前までは出会いの鉄板は「職場・仕事関係」でした。結婚する人の出会いの約3割以上が職場恋愛だという話もありました。ですが近年、さまざまな調査でも職場恋愛での結婚は急減しているのだとか…。「友達からの紹介」も減りつつあると言います。

いったいなぜ、結婚に至る手段が変化しつつあるのでしょうか・・・。

 「会社とプラべは分けたい」若い世代

現代日本の若者は、仕事とプライベートはきっちり分けたいと考えている方が多いもの。

昔は結婚したら女性側が辞めることが多かったですが、いまは男女平等の共働きが主流。夫婦で同じ会社に勤めたままというケースが増えています。それが気まずいという方もいますし、離婚した時に居心地が悪くなることを心配している方もいます。

恋人同士でなんらかのトラブルになったら社内でゴタゴタしてしまい、最悪の場合はキャリアに傷がついたり、会社を辞めさせられる危険性も孕んでいますね。

そうしたリスクを若い世代はとりたがらなくなっているのです。

 和を壊したくない、という心理

「友達からの紹介はちょっと…」「趣味の集まり?そこで恋人はつくりたくない」という風に、素敵な出会いのキッカケになり得る友人からの紹介・趣味やサークルの集まりの中でも、恋愛をしたくないという男女も増えているんだとか…。

それは限られた人間関係の中で何かあった時に友人との関係や楽しい趣味の場を壊したくない心理が働いています。

恋人を作ることで仲良しグループとの関係がおかしくなったら嫌だ、みんなと楽しくいたいというのが、最近の恋愛嗜好に反映されているのです。

 代わりとなる出会い

その代わりとなるのが「婚活サービス」。マッチングアプリや婚活パーティーは近年活用する人が増えています。すこし古いイメージのある結婚相談所やお見合いのあっせんなども見直され、出会いのツールを利用する婚活男女の割合は右肩上がりなんです。

婚活サービスを通じて結婚した人の割合も年々増えており、今後もその傾向が高まっていくことが予想されます。

時代とともに変わる出会いや結婚の常識。「自然な出会い」にとらわれないで、さまざまなアプローチ方法を考えてみてはいかがでしょうか。

結婚式・入籍

pagetop
© Selection Party All Rights Reserved.