真面目さがアダに?婚活に失敗する人の特徴|全国・ジャンル別 婚活パーティー検索サイト!セレクションパーティー

HOME > 婚活パーティーにお役立ち > > 真面目さがアダに?婚活に失敗する人の特徴

婚活パーティーにお役立ち
2020年07月31日

真面目さがアダに?婚活に失敗する人の特徴

「真面目な人」と聞いてどういう印象を受けるでしょうか。マトモな好青年を思い浮かべるでしょうか、それとも堅苦しい人物を思い浮かべるでしょうか。

出会いの場では真剣ではない男女も混ざってきますが、“真剣な交際・結婚”を願う婚活男女がほとんどですよね。結婚相談所や婚活パーティーなどを利用する適齢期の男女の大半は『真面目』『真剣』です。

でも、その真面目さはメリットでもある反面、婚活失敗の原因になっていることも…?

警戒しすぎる

異性との距離感を掴むのって大変ですよね。まだ交際していないならなおさらです。

出会いの中にはアソビ目的や勧誘などを目論む男女もいる可能性がありますから、「どういう相手なのか」をじっくりと見定めるのは必要なことです。

しかし、警戒しすぎて態度が固く、個人情報は一切出さず、距離を感じるようなトークばかりを繰り返していると、その警戒心は相手にも伝わります。

最初は良いですが、頑張って仲を深めようとしているのに、異性からまったく打ち解ける様子が感じられなければ、疲れてしまいますよね。

接触を避けすぎる

まだお付き合いしていないのに、べたべたとボディタッチをしてきたり、無理に手をつないで来ようとする人、いますよね。

特にアソビ目的の男性は「触って嫌がらないかどうか」で”いうことを聞いてくれそうな女性かどうか”を判断するので、嫌だったら「やめてください」とはっきり言うことが大切です。

しかし、そうした方々を警戒しすぎて、ごく軽いスキンシップにも過剰に反応してしまう方もいます。

少し席が近いだけで顔をしかめたり、会話の際に必要以上に距離を取ろうとしたり、手が繋げないように鞄を持ったり、…まるで避けられているようで、相手も傷ついてしまいますよね。

丁寧に話しすぎる

婚活の場で、礼儀やマナーは重要です。婚活パーティーで馴れ馴れしいタメ語や下ネタを披露する人もいますが、真剣な男女には不評です…。

きちんとした言葉遣いや相手を尊重した応対ができるかどうかが婚活を成功させるのに大切なポイント。

とはいえ…あまりに丁寧に話しすぎて、堅苦しくなってしまっては、相手と心理的な距離ができてしまいます。

ある程度、交流の回数が増えたら「敬語はやめませんか」と言ったり、下の名前で呼んでもいいか聞いてみたり…ちょっと砕けた話し方ができるよう、まずは提案してみてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?  街コンや婚活パーティーなどで、”真剣で真面目な男女”は重宝されます。その一方で、固すぎて「どう仲良くなればいいかわからない」「あまりに真面目過ぎてつまらない」と困っている声も…。

ある程度の”スキ”があったほうが、男女ともに打ち解けやすいのは確かです。異性を見定める目も大切ですが、ちょっと警戒心を解いた姿を見せてみるのも良いかもしれません。

 

pagetop
© Selection Party All Rights Reserved.